オリゴのおかげ 300g
オリゴのおかげ 300g
腸内のビフィズス菌を増やしておなかの調子を良好に保つ、シロップタイプの甘味料です。
消費者庁から表示許可を得た「特定保健用食品(トクホ)」。毎日の健康管理にお役立てください。
☆☆☆☆☆(まだレビューはありません) レビューを書く レビュー投稿で100ポイントプレゼント!
  • 単品(1本)540(税込)
    5000円以上で送料無料!※1
    数量:
  • \ 通常3,240円 → 463円お得! /
    6本セット2,777(税込)
    5000円以上で送料無料!※1
    数量:
発送目安:翌営業日 発送(土日祝はお休みです)
※1 送料について
解約・変更はいつでも可能です
発送目安:翌営業日 発送(土日祝はお休みです)
※1 送料について
商品の特徴

おなかに毎日正しいリズム

  • クセのない自然な甘さで、カロリーはお砂糖の約半分です。
  • 1日当たりの摂取目安量は8~20g(ティースプーン2~5杯)です。
  • お砂糖と同じように、コーヒーや紅茶などのお飲み物やヨーグルトにかけるほか、お料理にもお使いいただけます。
  • 1本でおひとり様約30日分使用できます(1日10g使用の場合)。毎日継続して摂取していただくことが大切です。
  • ご家族みなさまでお使いいただけます。

オリゴ糖とは

消化・吸収されずに大腸に到達

オリゴ糖は消化酵素ではほとんど分解されず、消化・吸収されないまま大腸に届きます。このため、糖質として体のエネルギーになりにくく、摂取しても血糖値の上昇にほとんど影響しません。

オリゴ糖はビフィズス菌を増やすパートナー

大腸に届いたオリゴ糖は、ビフィズス菌のエサとなってビフィズス菌を増やします。

ビフィズス菌が増えると、ビフィズス菌が酢酸・プロピオン酸などの有機酸を生み出すため、腸内が弱酸性に傾き、腸内の悪玉菌の活動を抑えます。腸のぜん動運動が活発になるので、便秘や便臭の改善につながります。

詳しくはこちら「もっと知りたい! オリゴ糖の特徴とその働き」

科学的なデータに基づいた"トクホ"のオリゴ

『オリゴのおかげ』は、「特定保健用食品(トクホ)」の許可を得た食品です。科学的な実証データを国が審査し、消費者庁が表示を許可しています。

トクホの食品は商品に摂取量などを記載するよう義務付けられており、『オリゴのおかげ』の摂取量は1日にティースプーンで2~5杯(8~20g)が目安となっています。

難消化性のオリゴ糖の中には、たくさん食べるとおなかがゆるくなるものもありますが、この『オリゴのおかげ』は多く摂取してもおなかがゆるくなりにくいのも特長です。

『オリゴのおかげ』の味とカロリー

砂糖に近い味で、カロリーは約半分

『オリゴのおかげ』は、砂糖の成分でサトウキビに含まれる「ショ糖」と牛乳に含まれる「乳糖」を原料に、酵素の反応を利用して作られている甘味料です。上品な甘さでクセもなく、砂糖のおいしさにとても近い味です。

砂糖のようにふだんの食事に取り入れやすい味でありながら、カロリーは砂糖の約半分(砂糖1g当たり3.8kcal、『オリゴのおかげ』1g当たり2.3kcal)なので、カロリーを気にする方にも喜ばれています。

詳しくはこちら「『オリゴのおかげ』ってどんなもの?」

『オリゴのおかげ』の使い方

『オリゴのおかげ』は上品な甘さでクセもなく、砂糖のおいしさにとても近い味です。

砂糖のようにコーヒーや紅茶に入れるのはもちろん、ヨーグルトに混ぜたり、トーストに塗ったり、果物にかけるのもおすすめです。スプーンにとってそのまま食べることもできます。

加熱する料理にもOK

『オリゴのおかげ』は熱に強いので、温かい飲み物にも使えます。また、卵焼きやきんぴらといった加熱する料理にも向いています。ただし、煮物に使うときはオリゴ糖が煮汁に残ってしまう場合があるので、オリゴ糖をしっかりとれる料理に使うのがおすすめです。

詳しくはこちら「『オリゴのおかげ』の使い方」

商品情報
商品名

オリゴのおかげ 300g

名称

オリゴ糖類食品

原材料

乳果オリゴ糖シロップ(国内製造)

内容量

300g

賞味期限

常温1年

保存方法

直射日光を避けて常温で保存してください。

販売者

株式会社パールエース
東京都中央区日本橋堀留町2-9-6

発売元

塩水港精糖株式会社
東京都中央区日本橋堀留町2-9-6

製造所

関西製糖株式会社
大阪府泉佐野市住吉町25

備考

この商品は消費者庁許可特定保健用食品です。

● 許可表示内容
乳果オリゴ糖を主成分とし、腸内のビフィズス菌を適正に増やして、おなかの調子を良好に保つ食品です。

● 1日当たりの摂取量
8~20g(ティースプーン2~5杯)が目安です。

● 摂取上の注意
摂りは体質・体調により、おなかがゆるくなることがあります。多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。

食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

栄養成分量表示
8g当たり(一日当たりの摂取量) 熱量(18.4kcal)、たんぱく質(0g)、脂質(0g)、炭水化物(5.8g)、ナトリウム(0mg)、乳果オリゴ糖(2.4g)
100g当たり 熱量(230kcal)、たんぱく質(0g)、脂質(0g)、炭水化物(72g)、ナトリウム(0mg)、乳果オリゴ糖(30.2g)
この商品を使ったレシピ
ページトップ